サマーレッスン動画 No6

ベーシックななパラレルターンのサイズを小さくしていくと最後はプロペラターンになります。プロペラターンはセンターポジションをキープして雪面に近い箇所から運動します。プロペラターンが出来ないスキーヤーのターン運動&ターン概念が間違っています。加齢により筋力や調整力が劣ったスキーヤーがプロペラターンを練習しても絶対に出来ません。そのようなスキーヤーはキックターンを練習してください。板の乗り方や運動要素は同じです。キックターンと斜滑降&横滑りをマスター、そして勇気があればどんな斜面でも滑り切ることができます。