サマーレッスン動画 No11

アルペンスキーでは外足は主役、内足は脇役ですが、基本は両足加重。シチュエーションによっては、時として脇役の内足が大切なときもあります。例えば、キックターンする時、内足に正しく乗れていないと主役の外足を動かすことはできません。ターンも同じことが言えます。

アルペンスキーは両足加重。そして、両脚に対してのセンターポジションキープが大切です。両足加重は学習初期から練習しないと手遅れになります。