シーズンin狭山No2

練習テーマはエッジング運動を止めない。板の上で常に脚部を動かしたください。

連続ターンでは一瞬運動が止まる箇所があります。それは、ターンのマキシマムです。

マキシマム以外は常に運動します。

エッジングの運動方向は人体の動きの基本面にそって考えると意外と簡単に理解することができます。

レッスンの練習成果は動画をご覧ください。

2名のスキーヤー、粗削りですが運動が止まらなくなってきました。

正しく運動すると、板の三つの性能も使うことができます。